不当解雇コラム

退職勧奨をされた場合、どのように対応すべき?会社に対しては、どのような権利を主張できる?

不当解雇コラム

弁護士法人グリーンリーフ法律事務所 弁護士 村本拓哉 会社が解雇ではなく、自主的な退職をするように促す行為を退職勧奨といいます。会社が退職勧奨をしてきたときに、どのように対応すべきか、また、どのような権利を主張できうるの・・・

解雇された場合、会社との間で金銭解決を図ることもできます! 迷ったらまず弁護士(法律事務所)に相談を!

不当解雇コラム

弁護士法人グリーンリーフ法律事務所 弁護士 小野塚直毅 不当な理由により解雇された場合には「不当解雇」として、労働者は会社に対して解雇無効を主張することができます。その効果としては、理屈的には「解雇無効」が認められた場合・・・

能力不足、成績不良を理由に解雇されたらどうする?対処方法は? 迷ったらまず弁護士(法律事務所)に相談を!

不当解雇コラム

弁護士 小野塚 直毅 能力不足、成績不良を理由に解雇された場合の対処方法 一口に能力不足、成績不良を理由とした解雇といっても、単に他の労働者と比較して能力が低い、成績が悪いだけなのか、それとも会社の業務遂行に大きな支障が・・・

解雇を言い渡された場合、どのように解雇を争えば良いか?また、どのようなことを目標に解雇を争うべきか?

不当解雇コラム

弁護士 村本拓哉 解雇を争う方法(流れ) 勤務先から解雇を言い渡されてお困りではありませんか。そのような場合、仕事を失って給与が支払われなくなることにより、大きな苦境に陥ることになるものと思いますので、解雇を争う方法をご・・・

パワハラ・セクハラと懲戒解雇

不当解雇コラム

 近年、ハラスメントに対する社会的な注目が高まっており、パワーハラスメント・セクシャルハラスメント(以下、パワハラ・セクハラと略します。)を理由とした懲戒処分のニュースも度々耳にするところです。    ところで、懲戒処分・・・

複数人で労働審判を起こす場合

不当解雇コラム

同様の労働条件で会社に入社した複数人の社員が、会社の方針変更により、同時期に解雇等労働関係のトラブルを抱えることになるということがあります。 トラブル解決のために労働審判手続を利用しようとする場合、複数人について一つの申・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約