不当解雇コラム

パワハラ・セクハラと懲戒解雇

不当解雇コラム

 近年、ハラスメントに対する社会的な注目が高まっており、パワーハラスメント・セクシャルハラスメント(以下、パワハラ・セクハラと略します。)を理由とした懲戒処分のニュースも度々耳にするところです。    ところで、懲戒処分・・・

複数人で労働審判を起こす場合

不当解雇コラム

同様の労働条件で会社に入社した複数人の社員が、会社の方針変更により、同時期に解雇等労働関係のトラブルを抱えることになるということがあります。 トラブル解決のために労働審判手続を利用しようとする場合、複数人について一つの申・・・

不当解雇を争う方法

不当解雇コラム

不当解雇をされた場合、解雇の効力を争う方法としては、大きく分けて以下の3つの方法があります。 ① 訴訟外の交渉、②労働審判、③訴訟 ①は、裁判所を利用しない手続であり、弁護士が使用者と話し合いを行います。事案によっては、・・・

有期雇用と雇止め

不当解雇コラム

期間の定めがある労働契約(有期雇用)では、決められた期間が終了すれば、労働契約も終了することが原則です。 しかしながら、実際は、期間終了後も改めて契約を締結するなどして働き続けることも多いのではないでしょうか。 そのよう・・・

労働審判の実際

不当解雇コラム

労働審判は労働関係のトラブルを早期に解決するべく設けられた手続です。 裁判とは異なり、非公開で行われ、原則3回の期日で審理を終えます。 平均的な審理期間は77日程度であり、大半の事件が労働審判申立てから3か月以内に終了し・・・

法律上解雇が禁止される場合

不当解雇コラム

法律上明確に解雇が禁止されている主なものは以下のとおりです。 ① 業務上の負傷疾病による休業期間及びその後30日間の解雇 ② 産前産後の休業期間及びその後30日間の解雇  (※ただし、①②については、業務災害において打切・・・

解雇する場合に必要な手続き

不当解雇コラム

解雇する場合、原則として、少なくとも30日前に労働者に解雇を予告するか、または予告手当(30日分の平均賃金)を支払うことが必要です。なお、この予告日数は1日分の平均賃金を支払った日数だけ短縮できます。 また、その他就業規・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約